20150311…


150311-1

●セントーサ島の水族館へ。

セントーサ島へ入ると入島料をとられます。

平日と休日で値段が違うみたいです。

世界一大きい水族館ということで見てみましたが

お客さんは少ないし、どこが大きいのかな??と思ったら

セントーサ島には水族館が2つあって、

大きくない方へ行ってしまいました…

タクシーでセントーサ島へ来たのですが、

運転手が「ノーピープル」と言ってたのは

こっちの水族館は客がいないほうだけどいいのか?だったのか!?

とその時気づきました…英語覚えないとだめですね…

でもピンクイルカのショーも見れたのでいいです。

150311-2

●嫁友と合流し雨なので結局大きい方の水族館へ行くことに。

150311-3

●大きいというのは敷地面積なのか、

はじめは民族の展示とかでなかなか水槽にたどり着けません。

150311-4 150311-5

●広くて色々な魚も見れて楽しいです。

大きい水槽は、楽しかったですが

ジンベイザメのようなでかい魚もいないので

沖縄の美ら海水族館でのインパクトの方が強かったです。

150311-6 150311-7

●夜は嫁友の旦那さんも合流してチャイナタウンのホーカーズで

食事しました。

たくさんの店があってそこで買って

好きなテーブルで食べるというスタイル。

150311-8

●ボドガールのようなタイガービールのおばさんがいます。

この方は次男坊を気に入ってくれて通るたびに話しかけてくれて

最後は写メ撮ってくれとw

マレーシアでもシンガポールでもみんな子供にはとてもやさしいです。

あとシンガポールの電車は子連れの人には90%以上の確率で

席をゆずってくれました。

この日、駅で嫁友家族とお別れの時に電車に飛び乗ったら

ドアが閉まってしまい嫁と次男坊はホーム、長男坊と2人で電車内で

きちんと挨拶も出来ずあっけないお別れ…

車内でまいったなーという状況でも席をゆずってくれましたw

ドアがしまって動いてる時に、隣にいた人が

「ボクも友人とはぐれてしまいました」と日本人の方。

これが長男坊だけが電車に乗ってたらどうなってたんだろと

思うとおっかないですね…

 

Tags: ,

About hirokoji